医師

下肢静脈瘤は治せる|腕のいい名医を探そう

的確な診断治療が望ましい

診察

早くに発見する

リウマチとは自己免疫疾患のうちの1つの病名です。リウマチは自分自身の正常な細胞を誤って攻撃してしまうことにより様々な症状を引き起こします。リウマチは通常関節リウマチと呼ばれ、主に両側四肢の関節に腫れや痛みなどの症状を及ぼします。病状が進むと、関節の変形や拘縮などにもつながります。そのため現在では早期発見早期治療が重要視され、世田谷区を始め全国の医療機関で研究が進められています。リウマチは年齢を問わず発症する病であるため世田谷区でも若年層や高齢者など様々な年齢層のリウマチ患者が暮らしています。発病後の暮らしやすさはその症状によって異なりますが、早期のうちに治療を施すと、比較的長く現状を維持することが可能です。

専門医にかかるメリット

リウマチには近年、有効な検査方法や治療薬が積極的に開発され、世田谷区をはじめ、全国で多くの成果をあげています。疑わしい症状があれば、血液検査など身体への負担が比較的少ない検査方法で調べることができるようになっています。この為、症状の出始めのうちに診断し、必要な治療を開始することが出来るのです。また、症状が進んでいく間には、その状態に応じた投薬などが有効です。これらを見極めるには、リウマチの専門医が在籍する医療機関が最も専門的で、確かな眼を持っている為、疑わしい時には、専門医を訪ねるのが有効です。世田谷区などの首都圏に限らず、全国的にも専門医が在籍する医療機関やリウマチ科を挙げている診療所なども近年では増えています。