ドクター

下肢静脈瘤は治せる|腕のいい名医を探そう

体調管理と病院

手

健診を希望する場合、城東区にあるような内科の病院を利用するとスムーズに受けられます。集団検診に比べてあらゆる点でゆとりが感じられるのは、病院ならではです。最近の内科では、生活習慣病についての指導が受けられます。男性の利用者も増え、内科はかかりつけの診療科として人気です。

もっと読む

後悔しない選び方

胸を押さえる婦人

平野区は大阪の中で人口の多い区です。病院もたくさんあり、色々な科が網羅されているのが特徴です。自分の家の近くにある病院を掛かりつけに選びがちですが、先生との相性を確認してから、慎重に選ぶことが大切です。

もっと読む

的確な診断治療が望ましい

診察

リウマチは年齢を問わず発症する病です。近年では確かな検査方法で自覚症状の少ないうちに早期発見が可能だったり、適切な投薬治療でその進行を抑えることができます。的確な治療が必要なこともあり、世田谷区をはじめ全国にあるリウマチ専門医の在籍する医療機関での治療が有効です。

もっと読む

高血糖を放置しないで

脚

危険な状態かもしれません

糖尿病は、血液中のブドウ糖が正常値より増加することで体に様々な弊害をもたらす病気です。糖尿病は1型と2型に分類されます。1型は自己免疫により膵臓の細胞が破壊され、血糖を下げるインスリンの分泌が減ったり枯渇することで発症します。幼少時から発症することもあり、10代や20代の患者もいます。2型糖尿病は、生活習慣病で不規則な食生活や運動不足などが原因で、インスリンの働きが弱くなることで発症します。正常より高い血糖値が続くことであらわれる症状には、易疲労感(疲れやすい方)口渇、多飲、多尿などがあります。これらの症状があれば、一度内科を受診し、血糖値を調べてもらったほうがいいのですが、この程度の自覚症状では受診しない方も多くいます。糖尿病の怖いところは、この程度だからと病院に行かずに放置することです。高血糖状態が続くと、知らないうちに体が蝕まれ、合併症が出てくるからです。

恐ろしい合併症

糖尿病による高血糖状態が続くと、血管や神経が損傷を受け、合併症が出現します。三大合併症といわれ、糖尿病の患者はこの合併症を発症しないよう血糖値のコントロールをするのです。一つ目は、糖尿病性神経障害です。抹消神経が損傷され、手足の先が痛んだりしびれたりします。進行すると知覚が鈍くなり怪我をしても気づかず放置してしまい、菌が侵入して化膿し、最悪四肢を切断することになります。特に足の傷は気づきにくいので、患者は毎日足をチェックする必要があります。次に糖尿病性網膜症です。目の血管が損傷され視力が低下し、失明の恐れのある合併症です。患者は定期的に眼科を受診し、網膜症の兆候がないか確認します。三つ目は糖尿病性腎症です。腎臓の血管が損傷され、機能が弱まります。老廃物を排泄できなくなり、悪化すると人工透析が必要になります。それ以外にも脳梗塞や心筋梗塞などのリスクも高まります。糖尿病は、初期では自覚症状があまりありませんが放置すると恐ろしい合併症が出現するので、食事や運動、薬の使用による血糖値のコントロールはとても大切になります。

口コミを利用しよう

糖尿病以外にも、日本人に多い病気があります。下肢静脈瘤は日本でも多くの患者がおり、治療に励んでいる方も少なくありません。しかし、下肢静脈瘤は名医にかかれば完治することもできるので、早めに病院へ行くといいでしょう。名医を探すにはいろいろな方法がありますが、ウェブサイトの口コミを利用するという手段もあります。口コミでは実際に治療を受けた方が感想を載せているので参考にすることができるでしょう。また、そこで費用や手術方法などを知ることができ、看護師や医師の対応も分かるので便利です。